大正12年4月       千葉県千葉商業学校(乙種)設置。

昭和23年3月       学制改革により千葉市立千葉商業高等学校となる。

昭和25年4月       県立に移管され千葉県立千葉商業高等学校となる。

昭和27年4月       定時制の課程を設置。

昭和31年9月       補食給食(パン、牛乳)を開始。

昭和33年6月       完全給食開始。

昭和35年6月       屋外照明500W水銀灯3基および校内放送施設設置。

昭和36年11月      千葉商業高等学校定時制教育振興会設立総会。

昭和37年11月      定時制の課程創立10周年記念式典。

                県下定通高校学芸大会・展示会開催。

昭和43年9月       管理棟2階に給食用調理室、食堂完成。食堂給食開始。

昭和44年2月       夜間校庭照明施設(3000W水銀灯5基)使用開始。

昭和48年5月       定時制の課程創立20周年記念座談会。

昭和48年11月      県立千葉商業高等学校創立50周年記念式典。
                本校を会場として、県下定通高校総合文化大会を開催。

昭和53年10月      定時制の課程創立25周年記念誌発行。

昭和55年4月       3年編入学制度による経理コース開設。

昭和57年3月8日     経理コース第1期生卒業。

昭和57年7月3日     読売教育賞受賞。

昭和58年11月8日    県立千葉商業高等学校創立60周年(定時制30周年)記念式典。

昭和59年2月       創立60周年(定時制30周年)記念誌発行。

昭和62年4月1日        定時制に養護教諭配置される。

平成元年10月8日     本校を会場として、県下定通高校総合文化大会を開催。


平成2年3月1日         定時制経理コース10周年記念誌「あゆみ」を発行。

平成3年8月13日        定通全国オープンサッカー大会優勝。

平成6年4月        単位制の導入開始(年度進行)
                学校間連携開始。

平成12年7月       学校改築のため、旧幕張東高校跡地へ移転。

平成14年4月       二期制開始。

平成16年1月       松波新校舎完成。松波校舎へ移転。